720/21/22

2020年 熊谷うちわ祭自粛のお知らせ
** 御神札無料頒布 **

八坂神社大祭期間中(7月20日、21日、22日)、本宮(愛宕八坂神社)にご参拝戴いた方に疫病除けの御神札を差し上げます。ぜひお詣り下さい。
時間:午前9時半から午後4時半 / 頒布数:2000体

八坂神社

令和2年 熊谷うちわ祭
諸行事自粛のお知らせ

令和2年八坂神社大祭「熊谷うちわ祭」は、新型コロナウィルス感染拡大に伴う社会情勢に鑑みまして、大祭の神輿の渡御、山車・屋台の巡行、お囃子などの音曲、それに伴う諸行事を自粛して、社殿において神事のみを少人数の関係者だけで実施いたします。 尚、本年度年番町荒川区が引き続き、令和3年度のうちわ祭を執行することとなり、大総代も不肖、私が務めさせていただきます。
自粛という苦渋の決断をいたしましたことにご理解ご協力を賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。今年の難局を何としても乗り切り、来年は例年以上のお祭りを挙行できますよう努めてまいります。
熊谷うちわ祭は疫病退散のお祭りです。本年は社殿での神事を入念に行い、神威が広く行き渡った来年のお祭りをご期待頂ければと思います。

令和2年4月17日

令和2年 八坂神社大祭 熊谷うちわ祭

年番町 荒川区 大総代富 田  満

関東一の祇園

うちわ祭は、当地に鎮座する八坂神社のご祭礼です。八坂神社は、文禄年間(1592~)に京都八坂神社を勧請し、現在鎌倉町にある愛宕神社に合祀されたものであります。熊谷の夏祭りの起源を示す最初の記録は、江戸中期の寛延3年(1750)に、当時各寺社ごとに行っていた祭りを町内統一の祭りにする上申書でありました。町役人の許可により、以来町内全体の祭りとなり、現在の祭りの形態が作られました。その頃の祭事係は、祭りの期間一躍町役人と同じ力を持ち、祭りのすべてを取り仕切る祭番となり、形態とともに権限も脈々と受け継がれております。天保年間(1830~)は祭りの中輿の時代といわれ、重さ200貫の神輿が新調され、祭りの原点ともいえる全町合同の神輿渡御が始まりました。またこの頃より、町内各店が祭りの期間中、買物客に赤飯をふるまった事から、「熊谷の赤飯ふるまい」として評判となり、祭りの名物となりました。「うちわ祭」の名称の由来は、夏の祭礼で配布されていたうちわを原点として、明治35年頃より、料亭「泉州楼」の主人がうちわを配付したことにあると語り継がれています。東京での修行中に、うちわが飛び交うことで知られていた「天王祭」からの影響を受けた主人は、老舗「伊場仙」から渋うちわを買い入れ、熊谷の祭礼で配り始めたことが発端となっています。この「うちわ」の登場が好評を博し、その後に各商店でも屋号などを記したうちわを出したため、買い物は「熊谷うちわ祭」の日といわれるようになりました。時を同じくして絹産業などの発展などにより町はにぎわい、各町競って山車・屋台を購入し、神輿渡御と山車・屋台巡行による現在のうちわ祭の原型はこの時に作られ、今日まで続いております。このように「町民一体として始まった伝統」「江戸からの祭文化の継承」「自ら熱意で祭をつくり上げてきた熊谷人の心意気」が融合し、今や関東一の祇園として発展しております。

各町の紹介

熊谷うちわ祭を彩る12町区をご紹介します。その内の8ヶ町で「年番」を持ち回りで務め、今でも年番町が祭の一切を仕切ります。

熊谷うちわ祭の記録
2014

2020年、うちわ祭は自粛となりました。そこで、過去の映像「2014年 熊谷うちわ祭の記録」をYoutubeにて公開します。熊谷うちわ祭を楽しみにしてくださっている皆様と、来年は再会できますように。