関東一の祇園 熊谷うちわ祭

720/21/22

熊谷に夏を告げる・・・

毎年7月19日〜23日に、全日程5日間にわたり執り行われる祇園祭です。祭中に各店が赤飯を炊いて疫病除けを祈願し、その赤飯を振る舞ったのが「熊谷の赤飯ふるまい」です。後に赤飯の代わりに「うちわ」を出し、評判となったため「熊谷うちわ祭」と呼ばれるようになりました。

継 熊谷人の心と誇り

平成30年 年番町 銀座区

大総代田代 充雄

本年の「熊谷うちわ祭」の大総代を務めます、年番町銀座区の田代充雄と申します。疫病退散、五穀豊穣、商売繁盛を祈願して始まった「熊谷うちわ祭」は、八坂神社の祭礼であり、京都八坂神社の「祇園祭」の流れを受け江戸中期(1750年頃)より始まったとされております。
「熊谷うちわ祭」の見どころは、厳粛に執り行われる神々しい神輿渡御及び神輿還御、行宮での神事、勇壮な山車・屋台の巡行等々いろいろありますが、その中でも最も見てほしいもの、聴いてほしいものは「曳き合わせ叩き合い」です。全町(12台)の山車・屋台が集結し、鉦と太鼓を打ち鳴らす様、迫力ある大音響と圧巻なる眺めには魂が揺さぶられ、広場は興奮のるつぼと化します。その場に居る人々だけが味わえる感動の時間です。全町の山車・屋台が集結する場は期間中(7月20日から22日の3日間)毎日ありますが、出来るだけ多くの人に見てもらえる様に万全の準備と安全対策、そして時間厳守に心掛けて参ります。
うちわ祭は熊谷の誇りです。「関東一の祇園」と控えめに言ってはおりますが、お離子は日本一です。この日本一の祭りを継いで行きたい。「熊谷うちわ祭」は熊谷人の心の絆を、世代を超え、時代を超えた繋がりを通して深いものとし、熊谷の誇りを共有する場なのです。 うちわ祭関係者一同、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

Topics

平成29年「熊谷うちわ祭」に関する『新着情報、お知らせ、お願い、ご注意』等、ご案内します。

熊谷うちわ祭のご案内

祭の歴史

四百余年続く熊谷の夏祭。祭の歴史や変遷、写真等で紹介します。

詳しく見る

日程と見所

神事、神輿巡幸、山車・屋台の叩き合い等、たくさんの見所を紹介します。

詳しく見る

各町の紹介

熊谷うちわ祭、全12町。6台の山車と6台の屋台。各町の特徴を紹介します。

詳しく見る

交通規制情報

うちわ祭期間中は周辺道路が大変混雑しますので、なるべく公共の交通機関をご利用下さい。

720

PM1:00〜8:00

Map

PM6:30〜8:00

Map

721

PM1:00〜9:00

Map

722

PM1:00〜10:00

Map

PM6:00〜9:00

Map

山車・屋台位置情報

12台の山車・屋台をリアルタイムに検索。目的の町内から全町の運行状況をご覧いただけます。
お気に入りの町内、近くの山車・屋台を探してみてはいかがでしょうか。

位置情報へ

お問い合わせ